Compare-to

禁煙外来、はじめてみます。(その2)

禁煙外来、はじめてみます。(その2)

日、4月14日に第2回目の受診をしてきました。
3月31日に始めて受診をして以来です。

まず、この2週間の状況・気持ちについてです。

最初の1週間は、前回の特集にも書きましたが、
・薬(チャンピックス)の服用を開始する
・タバコは、まだ吸ってもOK
という状況です。

従って、チャンピックスの服用を開始しました。
徐々に、薬を強くしていく様で、
・最初の3日は朝のみの服用(0.5mg×1回)
・4日目からは朝晩の服用(0.5mg×2回)
という形で、量が増えていきました。

服用した感じとしては、

気持ち悪い
の一言です。

胸焼けがする感じがして、そして気持ち悪いです。
あ、でも、耐え切れなくはなく、ご飯も普通に食べられました。
そして、タバコは普通に吸いたくなるといった感じです 笑
薬を服用しているだけで、他はなんら変わりないですね。

そして、次の1週間は・・・結構変化が現れました。

まず、薬の量が増えます。
朝晩の服用は変わらずですが、量が0.5mgから1mgに変わります。
7日目から日まではずっとこの量です。

気持ちの変化としては、
・タバコのにおいに対して敏感になり、多少気持ち悪くなる
・吸いたいという気持ちが、ぐっと少なくなる
※たくさんタバコを吸った後の気持ちに似ています。もういいや、これ以上は気持ち悪い、的な? という感じで、だんだんとタバコから離れます。
※「だんだんと」と書きましたが、7日目以降はまったく吸わずに過ごせています。
手持ち無沙汰になる時は、暇つぶしがてら喫煙室にでも、という気持ちはありますが、別にタバコが吸いたい訳ではありませんでした。
要は、無理して吸おうとしなければ、意識・体がタバコを受け付けない状態になっている感じです。


日、2回目の受診をしてきて、例の呼気の中の一酸化炭素の濃度もチェックしてきました。
約1週間、喫煙していない状況です。

今回は、7ppmでした。
前回が、16ppmでしたので、かなり減っていました。
参考までに、ppmの数値によるレベル感も記載しておきます。

呼気一酸化炭素濃度喫煙レベル(数/日)
0~7ppmノンスモーカー(0)
8~14ppmライトスモーカー(14以下)
15~24ppmミドルスモーカー(15~24)
25~34ppmヘビースモーカー(25~34)
35ppm~超ヘビースモーカー(35以上)


喫煙に対する動機が、ちょっと薄いなと感じていたので、不安もあったのですが、現在のところ、不思議と順調です。
このまま続けていければいい名と思う今日この頃です。

引き続き、禁煙外来、頑張ってみます。次は、5月2日!

関連タグ

関連特集

禁煙外来、はじめてみます。(その1)

禁煙外来、はじめてみます。(その1)

禁煙に興味のある方、必見!禁煙外来とは?どんなことをするの?

関連商品

禁煙セラピー+

価格:1512円

『禁煙セラピー』に成功率で匹敵する禁煙法…

注目

禁煙達成プログラムキ…

価格:11387円

禁煙達成プログラムキット 禁煙宣言 禁煙…

注目

禁煙対策マウスピース…

価格:2933円

(K) 禁煙対策マウスピース 禁煙くん …

注目

禁煙は愛 禁煙は喜び

価格:1008円

著者名:高橋 裕子 著,加藤 一晴 著 …

注目

【NOSMOQ】ノー…

価格:840円

ノースモキュ韓国製品、禁煙補助剤、禁煙ハ…

注目

みんなのコメント

ハンドルネーム
おススメ度
コメント