こんぱれっと
 

今からでも遅くない。2020年東京オリンピックに向けて英語を習得

今からでも遅くない。2020年東京オリンピックに向けて英語を習得

もはや英語は必須!?学び方も色々。ご自身にあった英語の学び方は?

英語を話せるようになりたい、と思いながらも二の足を踏んで、なかなか学習を始められない人も多いのではないでしょうか?
インターネットの時代になり、英語の学び方も様々な方法が出てきました。
仕事をしながら、家事をしながら、学校に通いながら、空いている時間で英語の勉強なんてことも可能な時代です。

そもそも「何で英語を身につけなくてはいけないの?」なんて思っている人もいるかもしれません。
身につけなくてもいいんですよ。やりたい、身につけたいと思ったときに行動できれば。
英語がなくても生きては行けますしね。ただ、英語を話せることで、世界が広がることは間違いないです。
あるいは、仕事のため、資格のため、子供のため、などなど色々な理由で英語を身につけなくてはならない人もいるかもしれません。

ここでは、いくつかある英語の学び方のご紹介と、その方法で英語を学ぶ際のおすすめの教材やスクール等をご紹介できればと思います。
比較をしてみて、是非皆様の英語ライフの参考にしてみてください。

英会話スクール(オフライン)























特徴 選択肢が多い マンツーマンから少人数、仲間とのコミュニケーションを重視する大人数まで網羅 会って授業を進める為、初心者でも安心
価格 比較的高め
1回あたりの料金 5000円前後
講師 ネイティブもしくは日本人の場合が多い
雰囲気 マンツーマンは家庭教師 グループレッスンは学校の様な雰囲気


おすすめの英会話スクール(オフライン)











































英会話スクール(オンライン)























特徴 自分のペースで無理なく学べる 各国のネイティブスピーカーと手軽に会話ができる スカイプを利用した教室が多い
価格 比較的安め
1回あたりの料金 数百円~数千円(ピンきり)円前後
講師 ネイティブもいるが、基本的にはフィリピンが多い
雰囲気 講師によって雰囲気はまったく異なる。合う人合わない人の差が激しい


おすすめの英会話スクール(オンライン)


















































通信教材











特徴 自分のペースで無理なく学べる 苦手な部分を深堀して学ぶことができる
価格 学習する内容によって様々 ただし、スクールに通うよりは安めが多い


おすすめの通信教材
































































独学











特徴 自分のペースで無理なく学べる 苦手な部分を深堀して学ぶことができる
価格 無料?(自己努力&参考書・ツール費のみ)


おすすめの独学
Coming Soon


総評



英会話スクール(オフライン)以外は、インターネットさえつながれば、教材さえ持ち歩ければ、基本的にはご自信のペースで学ぶことができるのが特徴です。
一方で、英会話スクール(オフライン)は、同じ学び仲間が近くにいる、目に見えることにより、「和気あいあい」「ライバル心を持って」学びたい方にはあっているかもしれません。
英会話スクール(オフライン)は、スクールに通うのが基本ではありますが、オプションとしてオンライン学習教材も用意されているところが多いため、「どこでも学べる」といった特徴も網羅できるかもしれません。

価格面でいうと、やはりオフラインに特化したものに分があります。
提供側の企業としては、スクールの場所代や講師といった「人件費」を抑制できるといったことが大きいのだと思います。


タグ

関連情報

みんなのコメント

ハンドルネーム
おススメ度
コメント