こんぱれっと
 

ハワイ・オアフ島のパワースポット『クカニロコ・バースストーン』に行ってきた

ハワイ・オアフ島のパワースポット『クカニロコ・バースストーン』に行ってきた

オアフ島の中心に位置するクカニロコ・バースストーン、3年ぶりに訪れてみた

ハワイ・オアフ島の観光名所といえば、やはりビーチですかね。
かの有名なワイキキビーチ。全米のベストビーチにも選ばれたハナウマ湾。コオリナにあるコオリナビーチ。そして、天使のビーチとしても知られるラニカイビーチやカイルアビーチ。ハワイと言えば海。海と言えばハワイですよね。

実は、ハワイには海以外にも自然のものがたくさんある場所なんです。
オアフ島は観光都市としての色が強いですが、ハワイ島・マウイ島・カウアイ島は自然がたくさん残るまさに自然の島なのです。
オアフ島もホノルル近辺を除けば、まだまだ自然が多いですよね。

そんな中で、今回は超強力なパワースポットでもある『クカニロコ・バースストーン』に行ってきましたので、現在の様子をご紹介いたします。

まず、バースストーンとはどんな場所?と思われる方に・・・

引用

ハワイのスピリチュアルスポットで有名なのがオアフ島ワヒアワ郊外にある『クカニロコ』。島中のパワーが渦巻いているといわれる強力なパワースポットです。
ワイキキから車で約40分、オアフ島のほぼ中央に位置し、オアフの臍と言われています。あたりは一面パイナップル畑で、アスファルトの道路から外れ、舗装されていない赤土の道に入ると、急に何やら雰囲気の違う場所があり、一目で「あっ!ここだ」とわかります。
ここは、古来ハワイの王族の出産場所でした。
クカニロコの岩には産みの苦しみをやわらげる不思議な霊力(マナ)があり、ここで生まれた子は偉大な力を得ると言われいます。そのため、ハワイの王族女性が、オアフ島外からもここに訪れて出産したそうです。歴史は11世紀にまで遡り、18世紀までの約700年間に渡って続けられてきました。
この伝説にあやかり、今は安産や子宝祈願のハネムーナーに人気です。
また、『クカニロコ』とは、王族を地に結びつける場所とされ、ハワイ語で「内部からの叫びを収める」という意味を持ちます。
神が王族の誕生を知ると雷が鳴り、風が吹き荒れたという言い伝えからこの一帯はハワイ語で「音のする土地」を意味する『ワヒアワ』と名付けられたそうです。

出典:LINEトラベルjp(https://www.travel.co.jp/guide/article/7022/)

オアフ島のちょうど真ん中辺りに位置し、ツアーやTHE BUS、レンタカーなどで訪れることができます。

クカニロコ・バースストーン

入り口

[バースストーン入り口]
クカニロコ・バースストーンの入り口
わかり難いと思います。いわゆる「観光スポット」という感じではありません。
門が閉じているときもあるみたいで、その場合は観光は控えた方が良いと思います。
※写真には映っていませんが、左側の方は空いていました。

この入り口を抜けて、道沿いにまっすぐ進むとバースストーンにたどり着きます。

バースストーン

[バースストーン]
クカニロコ・バースストーンの風景
遠目に撮影をしています。全体が石で囲われているのが見えますか?
数年前、この写真の様にバースストーン全体を石で囲うようになりました。
ハワイの方にとってはとても神聖な場所であると共に、その場所を守っていくのが目的だと思います。
この石の囲みの中に入ったり、バースストーンに触れたりしてはいけません。

すっごく神聖な場所だというのは空気で感じることができました。3年前に訪れたときもそうでしたが、張り詰めた空気感を感じることができます。
ハワイ王朝時代の出産場所であったと言うこともあり、多くの芸能人が訪れ、そして子供を授かったという話を聞きます。
こういったことにあやかるのもいいと思いますし、ただただこの神聖な空気を感じるだけでも行く価値がある場所だと思いました。

[バースストーン2016]
クカニロコ・バースストーンの3年前の風景
2016年のバースストーンの様子です。この時は運よく虹が見えました。『パワースポット×虹』という巣晴らし演出にただただ感動していました。
この時は、石の囲いはなく中まで入ることができました。

行き方

THE BUS(サ バス)

アラモアナショッピングセンターの海側のバス停から52番バスで行けます。所要時間は90分ほど。
30分に1本程度の本数のため、発車時間は予め確認しておいた方が良いです。
Kamehameha Hwy + Whitmore Aveで下車後は、バスで来た方向に少しだけ戻る形で歩きます。すぐに信号のあるT字路があるので、そこがバースストーンの入り口です。
バスの本数や運行時間には左右されますが、オプショナルツアーで行くよりは自由に時間を使うことができます。
ノースショアは行かなくてもいいけど、バースストーンにだけ行きたい方にはおススメですね。

オプショナルツアー

・VELTRA
https://www.veltra.com/jp/hawaii/oahu/kw/%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%B3/
・トラベルコ
https://www.tour.ne.jp/w_optional/list/?kwd=%E3%83%8F%E3%83%AF%E3%82%A4%20%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%B3

この辺りが有名ですかね。バースストーンだけのツアーはなく、基本的には半日もしくは1日のノースショア含めたオアフ島周遊のツアーが多いです。
初めてハワイに行く方にとっては良いかもしれませんが、慣れている方にとってはちょっと余計な観光スポットが多いかもしれません。
1日もかけたくないな・・・という方にはオプショナルツアーはおススメはできないかもしれません。

レンタカー

これが一番融通が利き、便利です。限られたハワイでの時間も有効活用できます。私の場合は、毎回レンタカーで行っています。
今回は到着その日にダニエル・イノウエ国際空港でレンタカーを利用し、そのままバースストーンへ行きました。
その後、ドールプランテーションに立ち寄り、ホールフーズやアラモアナで買い物をして、ワイキキのホテル(ハイアットリージェンシー)へレンタカーで向かいました。
ニッポンレンタカーの、空港レンタル・ワイキキ返却プランを利用したため、ホテル近くで返却できたのも便利でよかったです。

レンタカーでバースストーンに行けれる方は、ドールプランテーションは立ち寄った方がいいです。バースストーンからも10分~15分ぐらいの距離で近いですし、パイナップルのアイスがちょー美味しいので。余裕があれば、そのままノースまでいってジョバンニのガーリックシュリンプを食しても楽しいかもしれませんね。
こういったアレンジができるものレンタカーの良いところです。ちなみに、ハワイでは日本の運転免許証で運転が可能です。
車線が左右逆なので、慣れるまでは不安がいっぱいですが、日本と違ってシンプルな道が多いので慣れてくれば大丈夫です。

タグ

関連特集

ハワイ(オアフ島)のまとめ

ハワイ(オアフ島)のまとめ

ハワイ(オアフ島)に関するあれこれをまとめたトップ…

超有名ホテルで朝食を~ロイヤルハワイアンホテル~

超有名ホテルで朝食を~ロイ…

宿泊しなくてもOK!あの超有名なホテルの朝食を堪能…

ハワイを楽しめ!到着日にできるおススメ

ハワイを楽しめ!到着日にで…

チェックインまでぶらぶら時間を潰すなんてもったいな…

ハワイに行ったら「イルカと泳ぐ」ことを忘れずに!

ハワイに行ったら「イルカと…

数あるツアーの中でも特におススメ『ドルフィン・エク…

ハワイの大気を全身で感じるアクティビティ『パラセーリング』をやってみた

ハワイの大気を全身で感じる…

常夏の楽園ハワイ。その大空をはばたくパラセーリング…

ハワイ・オアフ島のパワースポット『クカニロコ・バースストーン』に行ってきた

ハワイ・オアフ島のパワース…

オアフ島の中心に位置するクカニロコ・バースストーン…

HYDRO FLASKが買えるワイキキ周辺のお店(2019年6月情報)

HYDRO FLASKが買…

ハワイで人気、日本でも人気のハイドロフラスク。どこ…

『ハワイで買うべきトートバッグ』といえば・・・

『ハワイで買うべきトートバ…

ホールフーズとDEAN & DELUCAのトートは…

『Hydro Flask KIDS』がかわいくて、実用的だった

『Hydro Flask …

3年ぶりのハワイ。そこで出会ったハイドロフラスクキ…

『Hydro Flask』種類と選び方

『Hydro Flask』…

おしゃれで人気のハイドロフラスク その選び方を解説…

アメリカ生まれのおしゃれボトル『Hydro Flask』を使ってみた

アメリカ生まれのおしゃれボ…

デザイン性の高いハイドロフラスク。その実用性はいか…

関連情報

みんなのコメント

ハンドルネーム
おススメ度
コメント