こんぱれっと
 

1983年の流行

1983年の流行りを思い出してみよう

ジャッキーチェン主演作品

ジャッキーチェン主演作品の一覧を見る

ジャッキー・チェンの醒拳 龍騰虎躍

五福星 奇謀妙計 五福星

刑務所で意気投合したポット、チンケ、ハンサム、モジャ、マジメの5人は出所後に社会復帰しようと清掃会社を始めたが仕事のわりに儲からない。 そこで労働の息抜きとして清掃を行った屋敷主催のパーティーに潜り込み、ついでに金持ち達と会って顧客の開拓を目論んだが、それはマフィアの主催するパーティーだった。しかもマフィアが闇取引で用意した偽札入りアタッシュケースを盗んだと勘違いされてモジャの美人の妹を人質に取られてしまう。

キャノンボール2 The Cannonball Run II

アラブの王族・ファラフェル家は有史以来、その支配力の源は「スピード」だった。だが、前年にアメリカで開催されたキャノンボールに参加したシーク王子は優勝を逃す。 帰還したシーク王子に、父王は告げる。「再びアメリカに行き、キャノンボールに再挑戦して優勝しろ。それまで帰国することは許さない」。だが、キャノンボールは2年に1度の開催。シークがそのことを告げると、父王は言った。「自分で主催しろ」。シークはこの案に積極的に飛びついた。 シークは賞金100万ドルを掲げ、命知らずのキャノンポーラーたちに招待状を出す。そこにはやはり前年度の参加者、J.J.とビクター、フェンダーバームとブレイク、ジルとマーシーといった面子も含まれていた。また、胃潰瘍を煩っていたシークは、レース中に同行する医師として、やはり前年にJ.J.・ビクターチームと参加したドクター・ヘルシングを雇った。 一方、カネロニ一家は落ちぶれたアメリカマフィア。それというのも当代のドンドンが頼りにならない優柔不断の優男のため。隠居の父親は部下にドンドンのネジを巻かせようとする。ドンドンの元に駆けつけた部下は、手始めに資金元として、ドンドンが貸している借金を回収することにした。 その借金の主はフェンダーバーム。マフィア達に追い詰められた彼は、キャノンボールの主催者シークのことをしゃべってしまう。シークに目をつけたマフィア達は、シークを誘拐して身代金を要求することを考え、実行に移す。 こうして波乱含みの状況の中、賞金を目指してルール無用のレースが、今度は西海岸から東海岸へ向かうことになった。

プロジェクトA A計劃

20世紀初頭のイギリス植民統治下の香港。海賊が横行し、海を我が物顔で荒らしまわっていた。これを取り締まるはずのドラゴン(ジャッキー・チェン)たち水上警察は、いつもヘマをして海賊に逃げられてばかり。さらにジャガー隊長(ユン・ピョウ)率いる陸上警察と酒場で大乱闘事件を起こし、保有戦力の船艇が海賊に爆破されてしまうに至り、遂に水上警察は、陸上警察へ吸収統合されてしまう。 その頃、海賊退治のため派遣されてきたイギリス海軍の提督までも海賊たちに捕まり、乗組員が人質になる。香港総督は身代金を支払い穏便に済まそうとしたが、ドラゴンの説得を受けて、彼に旧水上警察部隊の指揮を一任。お互いの正義を愛する心を知って和解したドラゴンとジャガー、さらにドラゴンとは旧知の仲で、密かに海賊の財宝を狙うコソ泥フェイ(サモ・ハン・キンポー)も加わった精鋭メンバーは、乗組員の救出と海賊の全員逮捕を目的とした「A計画」(プロジェクトA)を発動させる。

他の年代

2000年の流行

2000年の流行りを思い出してみよう

2001年の流行

2001年の流行りを思い出してみよう

2002年の流行

2002年の流行りを思い出してみよう

2003年の流行

2003年の流行りを思い出してみよう

2004年の流行

2004年の流行りを思い出してみよう

2005年の流行

2005年の流行りを思い出してみよう

2006年の流行

2006年の流行りを思い出してみよう

2007年の流行

2007年の流行りを思い出してみよう

2008年の流行

2008年の流行りを思い出してみよう

2009年の流行

2009年の流行りを思い出してみよう

2010年の流行

2010年の流行りを思い出してみよう

2011年の流行

2011年の流行りを思い出してみよう

2012年の流行

2012年の流行りを思い出してみよう

2013年の流行

2013年の流行りを思い出してみよう

2014年の流行

2014年の流行りを思い出してみよう

2015年の流行

2015年の流行りを思い出してみよう

2016年の流行

2016年の流行りを思い出してみよう

2017年の流行

2017年の流行りを思い出してみよう

2018年の流行

2018年の流行りを思い出してみよう

みんなのコメント

ハンドルネーム
おススメ度
コメント