こんぱれっと
 

芥川賞受賞作品

正式名称は「芥川龍之介賞」であり、芥川龍之介は、日本を代表する純文学作家であるため、「純文学作品」が選考対象となる。また対象を「無名あるいは新人作家」を対象としている。

2000年

平成12年度上半期 第123回

町田康 『きれぎれ』、松浦寿輝 『花腐し』

2000年

平成12年度下半期 第124回

青来有一 『聖水』、堀江敏幸 『熊の敷石』

2001年

平成13年度上半期 第125回

玄侑宗久 『中陰の花』

2001年

平成13年度下半期 第126回

長嶋有 『猛スピードで母は』

2002年

平成14年度上半期 第127回

吉田修一 『パーク・ライフ』

2002年

平成14年度下半期 第128回

大道珠貴 『しょっぱいドライブ』

2003年

平成15年度上半期 第129回

吉村萬壱 『ハリガネムシ』

2003年

平成15年度下半期 第130回

金原ひとみ 『蛇にピアス』、綿矢りさ 『蹴りたい背中』

2004年

平成16年度上半期 第131回

モブ・ノリオ 『介護入門』

2004年

平成16年度下半期 第132回

阿部和重 『グランド・フィナーレ』

2005年

平成17年度上半期 第133回

中村文則 『土の中の子供』

2005年

平成17年度下半期 第134回

絲山秋子 『沖で待つ』

2006年

平成18年度上半期 第135回

伊藤たかみ 『八月の路上に捨てる』

2006年

平成18年度下半期 第136回

青山七恵 『ひとり日和』

2007年

平成19年度上半期 第137回

諏訪哲史 『アサッテの人』

2007年

平成19年度下半期 第138回

川上未映子 『乳と卵』

2008年

平成20年度上半期 第139回

楊逸 『時が滲む朝』

2008年

平成20年度下半期 第140回

津村記久子 『ポトスライムの舟』

2009年

平成21年度上半期 第141回

磯崎憲一郎 『終の住処』

2009年

平成21年度下半期 第142回

該当作品なし

2010年

平成22年度上半期 第143回

赤染晶子 『乙女の密告』

2010年

平成22年度下半期 第144回

朝吹真理子 『きことわ』、西村賢太 『苦役列車』

2011年

平成23年度上半期 第145回

該当作品なし

2011年

平成23年度下半期 第146回

円城塔 『道化師の蝶』、田中慎弥 『共喰い』

2012年

平成24年度上半期 第147回

鹿島田真希 『冥土めぐり』

2012年

平成24年度下半期 第148回

黒田夏子 『abさんご』

2013年

平成25年度上半期 第149回

藤野可織 『爪と目』

2013年

平成25年度下半期 第150回

小山田浩子 『穴』

2014年

平成26年度上半期 第151回

柴崎友香 『春の庭』

2014年

平成26年度下半期 第152回

小野正嗣 『九年前の祈り』

2015年

平成27年度上半期 第153回

羽田圭介 『スクラップ・アンド・ビルド』、又吉直樹 『火花』

2015年

平成27年度下半期 第154回

滝口悠生 『死んでいない者』

2016年

平成27年度下半期 第154回

本谷有希子 『異類婚姻譚』

2016年

平成28年度上半期 第155回

村田沙耶香 『コンビニ人間』

2017年

平成28年度下半期 第156回

山下澄人 『しんせかい』

2017年

平成29年度上半期 第157回

沼田真佑 『影裏』

みんなのコメント

ハンドルネーム
おススメ度
コメント